パチンコ業界ニュース検索

「ホワイト企業宣言」キャンペーンを推進

  • 0
  • 2017年1月27日

2016年10月21日付けで経済産業省と警察庁から認可を受け同年11月1日に設立したアミューズメント産業事業協同組合(東京都台東区 代表理事 新井 博貴)は、パチンコ・スロット業界30万人を超える①従業員の働く環境改善による満足度の向上、②次世代雇用確保、③企業価値の向上を目的に業界内「ホワイト企業宣言」キャンペーンを推進する事を発表した。

アミューズメント産業事業協同組合は、パチンコ・スロット業界イメージ向上に向けて志のあるホワイト企業メンバーズシップ企業が同組合に加盟する。

1.法令遵守(コンプライアス)を徹底
2.公務員、大手企業並みの共済制度導入
3.福利厚生サービスの導入
4.退職金制度を準備
5.選択制確定拠出年金度を準備
6.キャリアップのため研修制度の実施
7.従業員の健康増進とメンタルヘス推進
8.女性が活躍できる職場環境づくりの推進

従来、共済制度は風営法対象の遊技業界は金融庁規制で導入できなかったが、アミューズメント産業事業協同組合設立により実現できた。

協同組合の共済制度は、大手損保代理店による最適・最安な「AA火災共済」、役員・経営者の死亡保障と退職金準備の「AA経営者共済」を提供している。

本年秋には役員・従業員向け死亡保障と弔慰金制度「AA生命共済」や役員・従業員向け医療保障制度「AA医療共済」を提供する予定である。

また、協同組合員企業従業員は日本トップブランドの20万コンテンツの「AAベネフィット」福利厚生サービスが無償で利用できる。本年3月からは組合員企業の経営者、役員やマネージャー及び業界関係者を対象に「ホワイト企業」にとって必要な具体的な項目について定期的に研修していく予定である。

さらに、「ホワイト企業」とは何か?どうすればアミューズメント業界が「ホワイト企業」業界と認知されるか等の諸施策をとりまとめ、厚労省はじめ関係省庁との連携を計り推進していく。

2017年末には組合員企業300社(従業員約3万人想定)の「ホワイト企業」実現を目指す。

【お問い合せ先】
アミューズメント産業事業協同組合
〒110-0005 東京都台東区上野7-2-8 岡田ビル6階